加工技術&応用

Processing Technique & Applications

加工技術及其应用

HOME  /  加工技術&応用 Processing Technique & Applications 加工技術及其应用  /  MEMS用マイクロチップの製作

ガラス材のマイクロチップ

Glass material micro-chip
玻璃材质的微流芯片


ガラス製マイクロチップのメリットは0.1μmの高精度・精密である。デメリットは製作工程の難しさによりコストが安くできず、生産量も少ない。一般的にガラス製のマイクロチップ品は、電気泳動やDNA研究・試験機の性能検証段階等に使用する事が多い。
Glass-made micro-chips are almost used in the initial step for test (prototype) equiement. At the mass-production step, PDMS type will become more effective and suitable selection.
玻璃材质的微流芯片主要用于设备的性能验证或者研究开发阶段,它具有可节省初始费用的同时,可以更好验证原始机的性能。

PDMS材のマイクロチップ

PDMS-made micro-chips for MEMS application
PDMS材的微流芯片在MEMS中的应用


PDMS材質によりマイクロチップを加工するメリットは、多量生産・安価・サンプル保存・使捨て・短納期対応等が特徴である。MEMS応用上では、量産段階の応用に最適切で、0.05mm幅精度のマイクロチャネルを製作・提供可能である。

For mass-production application, PDMS injection technology is very important. Not only for its low-cost, but also for its mass-productive, disposal, short-period of production process etc. The width of 0.05mm channel can be mass-productive.

PDMS成型技术主要适用于,DNA检测,毒素检测,细菌检测,生化检测等的批量应用市场。具有低成本,短周期,可一次性抛弃型,还可以留样备查等的特点。

オプティカル ボンディング技術

Glass Optical Bonding Technology
玻璃光学键合技术


ガラス同士を原子結合力により永久・強力的に融着させ、且つ光学特性の持つ接合技術はオプティカルボンディングと呼ぶ。保証精度0.1μmである。

Optical Bonding (also called optical contact) is based on the atomic bonding (such as Si-O bonding) to connect two glass parts together without any other adhesive agents. The bonded layer behaves optical property. The dimension accuracy will be 0.1μm.

光学键合(也称光胶)是一种利用原子键,并采取特殊处理,使得分离着的玻璃体互相融合在一起的技术。 光学键合的组件,具有强力,恒久,而且结合层拥有光学特性,与材料本体的光学性能一致。尺寸保证精度为0.1μm微米。

PDMS微細流路加工

PDMS for micro-channel
PDMS微流路成型技术


PDMS材質により微細流路製品を加工するのは、超多量生産・安価・短納期の対応が特徴である。MEMS応用上では、量産段階の応用に最適切である。0.05mm幅精度の微細チャネルを制作できる製品の提供可能である。

For mass-production application, PDMS injection technology is very important. Not only for its low-cost, but also for its mass-productive. 0.05mm channel width can be mass-productive.

PDMS成型技术主要适用于,DNA检测,毒素检测,细菌检测,生化检测等的大批量市场。具有低成本,短周期,数量巨大的特点。